2020年2月アーカイブ

家に帰りたい

「家に帰りたい」・・・これだけだと、素敵な響きに聞こえるかもですが、
もし、末期がんの家族が最後にこう言ったらどうしますか?

家ではまともな治療はできない、食事も自分ではできず、あるくこともままならない、
そんな状況だったら、この希望を受け入れても、家族が大変なだけです。

いわゆる在宅介護は、家族に負担がかかるのです、
金銭的にも、入院よりかかる場合もある。
トイレに、補助の人がいないか、できない場合は、おむつ、になることもそうです。

在宅介護によりそう看護師さんもいますが、費用とかどうなっているのやら。
医者も来てはくれますけど、出来たら病院のほうがらくでしょう。

あとは本人と家族との話し合いです。
それでも希望を叶えてあげたいとなったら、そこに向かっていくしかないのです。

家に帰りたい、、、この言葉って重い。

ふつうに「あー家に帰りたい!」っていうのも重いけど、、、重いのだ、、、。

ということで、気軽に「家にかえりたい」と言っている私ですけど、
将来この言葉のもつ意味が変わってくることも覚悟しなくてはいけないんだなー。

このアーカイブについて

このページには、2020年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年1月です。

次のアーカイブは2020年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。