女性天皇熱

いまだはっきりしない女性天皇への道。
愛子さまが天皇になると何がどうなるのか、、など、問題はあるはずだけど、
ハッキリしなくてはいけないものなのだ。
それにしても愛子さま、、結婚相手は苦労しそうですね、なんか、、種馬みたいだ。。泣
でも、秋篠宮の息子君は、直接天皇の近くで学んでないしね、、不安もあるね、あの家は。

なので愛子さまがなるのがいいような気は、、確かにするのだ。

旧宮家の男性が復活、、なんて声もあって、本人たちも了承しているというが、
それは公務を分散できるってだけですよね、、違うのかな。
それだけでも随分と違うけど。

でも天皇というのはやはりあってしかるべきだとも私は思う。
あんな伝統はない、象徴として世界に誇れるもので、世界も注目してるのだ。
すごいんだぞ、天皇制って。

女性でも男性でもいいのだ、省庁は作って、守っていきたい、って思っています。

女性天皇でもよい、という風潮が強くなっているし、、これ、本当に実現するのかも、、って気になっています。
アベさんは反対みたい(?)だけど。

このブログ記事について

このページは、ひかるが2020年8月 1日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「疲労するのです。」です。

次のブログ記事は「沖縄のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。